応募書類と面接の上手な活かし方

面接と応募書類は連動させる

 面接の際に参考にされるのが、応募書類です。応募書類にはそこまで詳しい内容を書かないかもしれませんが、上手に活かすことで面接でより良い印象を与えることができるのです。では、どのように活かすことで、面接で好印象を残せるのでしょうか。

 

応募書類に詰め込み過ぎない

 確かに、応募書類での掴みは大切です。しかし、応募書類で自分のアピールポイントの多くを語ってしまうと、面接で語ることが無くなってしまうのです。そのため、応募書類ではある程度アピールした後、蘭が足りなかった話や口で伝えたい内容を語るように心がけましょう。面接官もそこから広げてくれますし、話も繋がるはずです。

 

応募書類から上手に始める

 応募書類に書く内容として、自分が話を広げたい内容を書いておきましょう。全てをそこに書くのではなく、触りだけを書いて面接で内容を広げるのです。特に相手が興味を示しそうな内容だったり、自分が自信のある内容だと効果も高くなります。

 

面接は開始前から準備する

 このように、面接は事前にどのような準備をするかによって結果が変わるものです。本番だけ力を入れても周りとの競争に置いて行かれるので、むしろ差をつけるくらいに事前に準備を進めておきましょう。