転職を続けていると老後の年金が少なくなってしまいます

転職は労働者に理由があることが多いですが老後の年金の受取を考えないといけません。この労働は老後の年金が無い仕事になりますので注意が必要です。

 

 

 

サラリーマンは年金を保証している会社に勤務する事です。現代では労働形態が多いですが正職員であれば25年以上の社会保険料を支払う事で老後に年金の手続きをする事で受給する事が出来ます。

 

 

 

社会保険と言えば厚生年金保険と国民年金保険がありますが前者のある会社を選択して応募する事です。中小企業の大半は国民年金保険ですので採光の受取額は7万円程です。それに対し厚生年金保険は全額を個人が支払うのではなく会社の支払いがあります。

 

 

 

現代は会社により会社の支払いが異なりますが100%で換算しますと7割から5割となっています。また個人の収入により段階的に保険料の支払いが増えますが会社の持ち分がありますので全額を支払う事はありません。個人で言えば給料が増えれば受け取り年金額が上がる仕組みになっていますので安心して働くことが出来るようになっています。

 

 

 

そのような事で以前では正社員になる人が多かった理由です。それを考えれば派遣労働を考えられない事になりますが現代では労働形態の選択が多いのが異常と思えるのです。

 

 

Pickup
就職するための仕事探し
就職活動の仕事探しの方法

 

朝日新聞社:働けど貧困

 

 

 

労働者においても派遣を希望する人が多い時代ですが正職員を選択して応募しなければ老後に損をする事になりますので注意が必要になります。また、そのような事を知って労働する事が大事で派遣やアルバイトを何10年続けても老後の年金はありません。