転職活動で行っておく事と能力として培っておく事

 転職活動は、求人情報で企業を調査する事から始まります。最近ではインターネットなどで転職サイトで求人情報を検索して、応募している人が多いです。転職サイトの情報には、企業の情報が満載であって、企業の情報の中に求める人物像などのニーズが潜んでいます。適性を見極める事も大事であるが、応募する企業の求める人物像に関して、細かく調査して、自分と照らし合わせることが重要です。

 

 求人情報や企業が公開するホームページだけでは、企業がどんな人物を求めているのかが理解しづらい部分もあるので、応募している企業と同じ業界で働いている人などから仕事の内容を聞きだすと良いです。

 

 特に知り合いの働いている職種が自分の応募している企業の職種と同じ職種の場合は、知り合いに都合の良い時間帯に出会って、仕事の概要の詳細を聞くと良いです。自分が応募している企業の体質や職場で働いている人はどんな性格を持つ人が多いのかを直接的に聞き出します。知り合いに職種に関する情報を聞き出すことによって、企業が違ったとしても、同じ業界なら求める人物像の印象は似ている可能性が高いです

 

【特集ページ】
50歳上の求人の見つけ方
50歳以上の求人はたくさんあります!

 

 最近では、応募者に対して主体性が問われる時代となったのです。指示待ちという言葉があるが、誰かに教えてもらったり、指示を待つことではなく、自分から積極的に仕事を覚えて、仕事を覚えたら改善点を探したり、自分で仕事を作り出す行動が求められるので、ボランティアなどの活動で主体性を培っておく事が重要です。