転職活動で不採用が続いている場合にやるべきこと

転職活動で連続して不採用が続いているときに見直したいこと

 何度、面接をしても受からないときに見なおしてほしいことがあります。転職活動中に面接官に言われている内容を思い返すことで、転職活動が好転することがあるからです。転職活動中には、応募者にとっては、面接官から心ない言葉に聞こえてしまう発言をされることもあるものです。でも、ここで一度、冷静に立ち止まって考えてみてほしいことがあります。行く先々の面接で、面接官からどういうきつい発言をされているか、ということです。

 

 

複数の面接官の発言から真意が見えてくることもある

 応募先の面接官が自分に対して今まで言ってきた発言に、共通点はないですか?共通点があるのなら、冷静に面接官の真意を探ってみるべきです。不採用の場合、多くのケースでは、採用しない理由を正直に伝えることはありません。しかし、そのヒントは面接官の面接中の言葉に散りばめられているものです。一度、面接官が自身に向けた言葉を振り返り、自分の何が不採用が続く原因になっているのかを、冷静に掘り下げて考えてみるべきです。

 

 

自分にとって耳の痛い話となる面接官の発言は、採用へのパスポートになる

 実は、面接官のきつい発言は、逆から言えば自身が改善さえすれば採用へつながるだけに、ありがたい言葉でもあるのです。面接官から自身に向けられた耳の痛い話は、そこさえクリアすれば、採用基準として満たされる人物になるので、不採用が続いている場合には面接官が自分に向けた発言に、共通点はないかを振り返ってみましょう。

 

 

面接官が言いたいこと

 面接官の言葉には、必ず真意があります。耳障りの良い言葉も悪い言葉も、必ず意図や真意があります。失礼なことを言う面接官が悪いのだ、で片付けてしまっては採用にはなりません。もしも、自分にとって失礼だと感じる面接官の言葉が、行く先々で共通している言葉であるのなら、自分に足りない点を指摘してくれているありがたい言葉でもあります。そこさえ改善すれば、建設的な会話が展開される面接にステージがあがるからです。しかし、前向きな圧迫面接であるのかを見極めることは必要です。