自分の採用メリットを強調できるか

 学生に交じって合同説明会に参加したことがありました。転職活動をしていた時期でしたが、それでも学生の就職に対する熱に圧されてしまった記憶があります。転職をする上で必要なことは何かと聞かれることが多いですが、この学生たちがもっていた「熱気」が一番重要なのだと言っています。

 

 転職をする上で技能も重要ですが、例えばプログラマーと言ってもアプリ系なのか基盤系なのかによって扱いは変わります。ですから技能は判断が難しい時があります。確かにある程度の技能があることに越したことはありませんが、かえって「それしかできない」とも取れます。こうなる採用する側も困ります。

 

 転職で前にやっていた経験ばかり強調する人がいます。確かにこれは必要なことですがそれでも重要なことをはき違えている気もします。

 

 採用する側に立ってみてください。その人を採用する時に気にするのは技能以上に自分の会社との相性です。相性は見ただけで判断できるものではありませんが、それでも適応力に関しては見れば分かる部分があります。その適応力の簡単な判別法が「熱気」です。「熱意」とも言いますが、これは「頑張ります」を連発する人が良いのではなく、それ以上に自分能力が採用する会社にとってどのように有意義なのかを提示することなのです。

 

 ですから転職者が見せる熱意とはその会社にとって、自分を採用するメリットということになります。この部分を勘違いして、前の職場で実績を上げていることがそのまま優秀だと勘違いしてしまうのです。優秀な人材とは適応力が高いことなのです。